任意整理を利用すること

皆さんは任意整理を知っているでしょうか。任意整理とは、言い換えれば債務整理のことです。例えば皆さんが消費者金融から多額の借金をし、その返済に困っているとします。その時、司法書士或いは弁護士といった専門家に依頼するのが任意整理という債務整理の方法です。ここで言う司法書士或いは弁護士が任意整理の依頼人、即ち多重債務者の代理人となって、債権者と交渉をします。ちなみに司法書士または弁護士の資格を持った人以外は、任意整理における債務者の代理人になることはできません。また多重債務者当人も、任意整理における債権者との交渉に直接関わることはありません。
ここで多重債務者から任意整理の代理人に依頼された専門家は、債権者と一体何を交渉するのでしょうか。それは借金の減額についてです。実は多重債務等多額の債務の返済に苦しみ、当事者が任意整理で借金を整理したいと考え、司法書士或いは弁護士に任意整理の代理人になることを依頼したとき、任意整理の依頼を受けた専門家は、依頼人に対して借金に関する調査を行ないます。その内容は借金は幾らか、債権者名は誰か、借金の利率は何パーセントか、それにいつから借金をしているのか、といった借金に関する基本的な事項です。もし皆さんが専門家に任意整理を依頼することがあれば、こうした借金に関する基本情報を代理人となる専門家に伝える必要があります。

依頼人からの借金に関する調査を終えた専門家は、次には一体何をするのでしょうか。任意整理のステップとして、専門家は任意整理依頼人から聞いた借金に関する情報を基に、今度は債権者と連絡を取って、依頼人と債権者との過去の取引履歴を請求します。消費者金融業者の場合、必ずこうした取引履歴を保管しているはずです。任意整理における債務者の代理人となる専門家は、ここで債権者から取引履歴を取り寄せ、その取引履歴を基に、今度は利息制限法の規定に基づく利率によって、再度利息を計算しなおします。この利息計算が任意整理における大きなポイントと言ってもいいでしょう。というのがこの利息制限法で規定された利率に沿って利息を再計算すると、元々利息が高めに設定されている消費者金融の場合、往々にして「過払い金」という金額がはじき出されることが多くなっています。この「過払い金」と言うのは簡単に言うと、「払い過ぎたお金」のことです。つまり「過払い金」は消費者金融業者が往々にして利息制限法で規定された利率以上に利息を取っていて、その 超過した部分を言います。債務者から任意整理の依頼を受けた代理人は、この「過払い金」の金額を確定し、それを差し引いた借金の金額に関して、債権者と交渉します。つまり簡単に言えば「過払い金」分の減額を債権者に求めるのです。そして過払い分を差し引いた借金の金額を新たに確定し、その金額分の将来の返済について債権者と交渉します。もしこの任意整理の交渉において、代理人と債権者側とが合意に達すれば、新たに契約を締結することになります。あと任意整理の依頼人、即ち債務者はこの新しい契約に沿って借金を返済します。これが任意整理なのです。

pickup

豪華賞品をゲットできる懸賞サイトの紹介。

ゲッティーズ

ご結婚お祝いやブライダルの記念日に贈るプリザーブドフラワーで素敵な日を想い出に残しましょう。

結婚祝い プリザーブドフラワー

石垣島で魅力的なツアー体験しよう!朝から晩まで遊びつくします!

石垣島 ツアー

Last update:2017/9/12