任意整理の概要

任意整理の概要については、任意整理とは、言い換えれば債務整理のことであり、例えば消費者金融から多額の借金をし、その返済に困っている人が、司法書士或いは弁護士といった専門家に依頼するのが任意整理という債務整理の方法です。依頼を受けた専門家は、任意整理の依頼人である債務者に代わって、債権者との交渉に当たります。
ここで専門家は、債権者と一体どんな内容について交渉するのでしょうか。それは借金の減額、及び減額後の返済方法についてです。実は多重債務等多額の債務の返済に苦しむ当事者が、司法書士或いは弁護士に任意整理の代理人になることを依頼したとき、任意整理の依頼を受けた専門家は、依頼人に対して借金に関する調査を行ないます。その内容は借金は幾らか、債権者名は誰か、借金の利率は何パーセントか、それにいつから借金をしているのか、といった借金に関する基本的な事項です。
依頼人からの借金に関する調査を終えた専門家は、今度は債権者から、依頼人と債権者との間の過去の取引履歴を請求します。専門家は取引履歴を取り寄せ、その取引履歴を基に、今度は利息制限法の規定に基づく利率によって、再度利息を計算しなおします。債権者が消費者金融業者である場合、しばしば利息制限法で規定された利率以上の利息を債務者から取っています。債務者から任意整理の依頼を受けた代理人は、その超過した利息即ち「過払い金」の金額を確定し、それを基に借金を差し引くよう、債権者と交渉します。また借金を減額して新たに借金の残額を確定し、その金額分の将来の返済計画について債権者と交渉します。もしこの一連の任意整理の交渉において、代理人と債権者側とが合意に達することができれば、代理人と債権者とで新たな契約が締結されることになります。その後で任意整理の依頼人、即ち債務者はこの新しい契約に沿って借金を返済し続けることになります。勿論この新しい返済方式は、債務者にとって返済可能な条件となっています。これが任意整理と呼ばれる債務整理方法なのです。

ところで任意整理の交渉過程で借金が減額された上で新たに返済条件を確定し、それに基づいた契約を結んだ後で債務者が債務を返済していく、と書きましたが、ではそうやって任意整理をした場合の返済期間ですが、具体的にはどのくらいの長さになるのでしょうか。実際に任意整理による債務整理を検討している人達にとっても、任意整理によって債務返済期間はどのくらいの期間になるか、気になるところでしょう。そうした疑問は、主に借金問題を専門に手がけている司法書士や弁護士にも、よく相談として寄せられているようです。言うまでもなく司法書士や弁護士といった専門家は、いざ実際に任意整理を行なううえで、債務者の代理人となる資格を持っている人達です。ここでは任意整理によって債務の返済期間はどうなるのか、について説明していきます。この文章を通じて、現在実際に任意整理による債務整理を行なおうかどうしようかと迷っている人達にとって、任意整理への理解を深める上でお役に立つことができるように願っています。

Valuable information

2016/10/17 更新