任意整理の意味

任意整理が他の借金整理方法と異なるのは、任意整理は整理をしても借金が帳消しとなってゼロとなる制度ではない、ということです。任意整理は上で紹介した方法によって過払い請求など、借金を減額し、その後はそれに基づいて返済を続けていくことが前提です。従って一般に収入がない場合には任意整理はできません。その場合には任意整理ではなく借金が帳消しとなる自己破産等、他の借金整理の方法を選ぶことになります。
皆さんの中にも現実に多額の借金に悩んでいる人もいるかと思います。ですが遠からず完済する可能性を秘めて借金を返済し続けるのではいいですが、仮にそうではない場合、借金を黙々と返済し続けることは果たして正しいことなのでしょうか。例えば現在、毎月何とか借金を返済しているものの、それが借金の利息のみである、即ち借金の利息の返済だけで汲々としているようなら、借金の元本の方はいつまで経っても減りません。これでは正直なところ、借金を毎月黙々と返済していても、半ばお金を溝に捨てているのと変わらないと言えます。そんなときには任意整理等の債務整理の方法を真剣に検討したほうがいいでしょう。そのような方法で債務を整理してしまい、できる範囲債務の返済を続けていったほうが遥かに前向きで建設的です。先に紹介したような任意整理等の方法も、本気で考えてみることです。そうすれば借金完済の道が見えてきます。
皆さんに勘違いして頂きたくないのは、任意整理を始めとする、こうした債務整理の制度はあくまで債務に苦しむ人達を救う、或いは債務を完済させて新しい生活のスタートに立たせることにある、ということです。決して債務を多額に背負ってしまった人を追い詰めたり、その責任を問うたりするのが目的ではないのです。もちろんそうした人々を処罰するものでもありません。従ってもし皆さんが実際に多額の債務の返済に困っているようでしたら、是非ともこのような債務整理の制度、方法についてよく理解し、それを上手く利用していただきたいものです。

債務を完済することができれば、その先には債務のない新しい人生が待っています。債務は完済したのですから、そこからは何も畏れることはなく堂々と新しい人生のスタートを踏み出せばいいのです。多額の債務に苦しむ皆さんが一日も早く決断し、多額の債務から解放され、新しい人生のスタートを踏み出せるよう祈っています。

おすすめWEBサイト 5選

外壁塗装を東京で相談

Last update:2017/11/10